鼻呼吸

普段の呼吸は、口呼吸でしょうか?鼻呼吸でしょうか?

日本人の半数以上が、恒常的に口呼吸をしていて、小学生に関しては8割が口呼吸であるというデータもあります。

本来、人間は鼻で呼吸し、口で食べる生き物です。口を閉じた時に、舌がどの位置にあるのが正しいでしょうか?舌先が上あごに付いている状態。試してみるとすぐに分かるのですが、この状態だと、口呼吸しようとしてもできないので、結果的に誰でも鼻呼吸をすることになります。

ヨーガの呼吸法も、基本的に鼻から吸って、鼻から吐きます。

鼻呼吸のメリットはたくさんあります。

  1. 鼻毛や粘膜がフィルターとなり細菌やウイルスの進入を防いでくれ、風邪やインフルエンザの予防にもなります。
  2. 鼻には、加温・加湿機能があります。吸った息の温度・湿度を調整してから、体内に取り込むことができます。
  3. 口呼吸では、口内が乾き、ばい菌が繁殖しやすくなります。そのため虫歯や歯周病にもかかりやすくなります。反対に鼻呼吸では、口内をうるおし、それらを予防することができます。
  4. 口臭を予防することができます。
  5. 口を閉じることで、まわりの筋力が発達し、すっきりとしたフェイスラインになります。   等々

意識しなくてもできる呼吸。せっかくするのであれば、効果的な方法で行いたいなと思います。日常の小さな変化が積み重なり、大きな変化へとなるのではないでしょうか。

ゆめみ庵ヨーガ教室講師 大林有紀子

関連記事

PAGE TOP