チャイとチャイもどき

先週のお休み、あまりの寒さに外出する気分になれず家のキッチンで調味料庫を整理していると奥の方からチャイを作る為のスパイスが出てきた。クローブ、カルダモン、シナモンなど。
「お〜久しぶりにチャイでも作りましょう」と整理する傍らスパイスを砕いて、コトコト煮込んで温かいマサラチャイを作ってみた。体が温まる。家族にも好評。

昔インドに何度か訪れていた頃の話だけれど。
インドではチャイ屋さんがそこら中にあって一杯5ルピー(当時のレートで20円以下)ほどで飲むことが出来た。東インドのプリーでは浜辺に座ってぼんやり海を眺めていると出張チャイ屋さんが「チャイいかが?」とやってきて、その場でお湯を沸かしスパイスを砕き、とても美味しいマサラチャイを作ってくれたこともあった。インドのチャイ器は素焼きのカップのことも多く、飲み終わったら惜しげも無く地面に叩きつけて割る、というのが現地のやり方。

そんな話をしながら家族とチャイを飲んでくつろいだ。

ちなみに日頃はチャイを作る時間の余裕がなく、ミルクティにスパイスをパッパッとふりかけて「チャイもどき」を飲んでいる。写真の左からカルダモン、ナツメグ、シナモン、ジンジャーパウダー。スーパーに売っているスパイスで作るモドキもそれはそれで美味しい。

窓を通して部屋に差し込む陽射しは暖かいけれど外を吹く風はまだ凍るほどに冷たい。
もうすぐ立春。
春よ早く来い来い。

都出

関連記事

PAGE TOP